プラセンタ注射 保険適応

 

プラセンタ注射が保険適応されるケース・病状を一覧にしてみた

プラセンタ注射・プラセンタ療法は、美容の為に利用される場合等は、ほとんど実費になってしまいますが・・・しかし、各美容クリニックや病院等の医療機関を調査してみると、利用目的によっては、費用が「保険適応」されるケースがあるようです。

 

全ての病状・症状が保険適応されるわけではないので、人によっては、
「私のこの症状・病状は保険適応されるの?されないの?」と、疑問を持たれる人が多くいるかと思います。。。

 

そこで今回、このページでは、プラセンタ注射・プラセンタ療法を行っている全国の各クリニックを調査し、「プラセンタ注射が保険適応されるケース」をまとめてみました!

 

どんな病状・症状が保険適応されるのか?逆に、どんな症状・症状が保険適応されないのか?疑問をお持ちの方は、是非当ページを参考にして下さい!

 

プラセンタ注射が保険適応されないケース

まず、プラセンタ注射が保険適応されないケースについては、「プラセンタ注射が保険適用されないケースとその理由(※準備中)」のページにまとめています。これ以降は、「プラセンタ注射・プラセンタ療法が保険適応される病気」を一覧にまとめています。

 

プラセンタ注射が保険適応されるケース

●肝炎、肝硬変、肝機能障害などの肝疾患の治療
●乳汁分泌不全
●更年期障害

 

プラセンタの薬理的な作用は非常に多くあるのにも関わらず、(詳細は「プラセンタの薬理作用一覧」※準備中)プラセンタ注射が保険適応される病状はわずか上記の3点。。。「国を訴えたい!!」と思う人も存在するかと思いますが、一応、「プラセンタ注射が保険適用されないケースとその理由」をご覧頂くと納得される方も増えるかと思います。

 

ちなみに、保険適応される上記3点の治療に関しても、ラエンネックは1回2アンプル・メルスモンは1回1アンプルまでという制限があり、それを超えると自費治療になるとのことでした。。。

プラセンタ注射が保険適応されるケース関連ページ

プラセンタ注射の種類
プラセンタ注射の種類、主にラインネックとメルスモンについて。このページでは、プラセンタ注射の種類を全て調べて、それぞれの特徴をまとめてみました。
プラセンタ注射の料金
プラセンタ注射の料金を調べてみました。主にラインネックとメルスモンになりますが、プラセンタ注射の料金、相場を記載しましたので、ご参考に下さい。