プラセンタ注射 料金

 

プラセンタ注射とひとくちに言っても、注射の打ち方の違いや、エキス抽出の違いによって料金が変わってきます。今回はプラセンタ注射の料金について徹底的に調べ、細かく記載しました!

 

プラセンタ注射の価格は保険適用・不適用によって変わる

プラセンタ注射を利用する際、使用目的次第で、保険が適用されるケースと、保険が適応されないケースがあります。残念ながら、美容目的での注射は、保険適用外のため全額負担になります。保険が適用されるものは、肝炎の治療、乳汁分泌不全、更年期障害の治療などで、主に病気や疾患の治療の場合です。詳細は、 「プラセンタ注射が保険適応されるケース」をご確認下さい。

 

また、同じ病気の治療でも、厚生労働省が安全性を保証している『メルスモン』と『ランエネック』以外のプラセンタ注射は、認可外のため保険が適用されない場合があります。なので、安全性を重視するなら、この「ラインネック・メルスモン」の内のいずれかを選択することが無難です。何故、使用目的次第でプラセンタ注射が保険適応されるのか?されないのか?と思われる方は、『プラセンタ注射が保険適用されない理由』(※準備中)のページに詳しく記載していますので、ご参照下さい。

プラセンタ注射の相場

プラセンタ注射の料金について、プラセンタ注射の料金について、日本胎盤協会にも所属し、プラセンタ治療の第一人者でもある吉田院長が経営する吉田クリニックをはじめ、様々なクリニックや医院の料金を比較したところ、相場は、だいたい下記のような結果になりました。

 

【1アンプルあたりの料金相場】

保険適応内

保険適応外

ラインネック

【1回当たり】500〜2,000円

【月間】42,000〜168,000円

※保険適応は回2アンプルまで

【1回当たり】1500〜2,000円

【月間】126,000〜168,000円

メルスモン

【1回当たり】500〜2,000円

【月間】42,000〜168,000円

※保険適応は回1アンプルまで

【1回当たり】1500〜2,000円

【月間】126,000〜168,000円

 

 

同じ1アンプルの料金でも、クリニックによって、また保険適用かそうでないかによってかなり差がでました。これは、美容目的の注射は自由診療となっていて、クリニックの判断で金額設定ができることに起因しています。月当たりの金額は、各皮膚科医が最も多く推奨されていた1回3アンプル毎日注射の方法で概算しました。

 

クリニックによっては1アンプルいくらという表示ではなく、1回いくらと表示してあるところも多かったので、比較する際は注意が必要です。つまり、この場合、「1回」という定義が、1アンプルなのか?それとも基準の1回3アンプルなのか?ということが、曖昧なのでちゃんと調べる必要がある!ということです。

 

プラセンタ注射とサプリ・ドリンクの月間コストを比較してみた

プラセンタは注射以外にもサプリメントやドリンクで摂取する方法もあります。注射だと、上記のような費用になりますが、サプリメントやドリンクではまた変わってきます。詳しくは、『プラセンタサプリとプラセンタ注射を比較してみた』(※準備中)のページに詳しくまとめましたのでご参照下さい。

 

プラセンタ注射以外にも費用はかかるのか

美容目的で接種するプラセンタは、コラーゲン・ヒアルロン酸・グルコサミンなどと一緒にとると、相乗効果が得られるとみなみ草加クリニックの白井院長や、コラーゲン・ヒアルロン酸等を扱う会社は勧めています。

 

プラセンタのみで十分効果が得られると多くのクリニックが回答していますが、中には、他のサプリメントと併用することを薦めているクリニックもあるため、皮膚科や病院の先生の判断によっては、他のビタミン剤や医療品を使うよう言われることもあるようです・・・。

プラセンタ注射の料金・相場をまとめてみた関連ページ

プラセンタ注射の種類
プラセンタ注射の種類、主にラインネックとメルスモンについて。このページでは、プラセンタ注射の種類を全て調べて、それぞれの特徴をまとめてみました。
プラセンタ注射が保険適応されるケース
プラセンタ注射が保険適応されるケース・病状を一覧にまとめてみました。