プラセンタ 献血

 

プラセンタ摂取で献血ができなくなる・・・という取り決めを設けた公共機関を調査してみた

プラセンタを摂取することで生涯献血ができなくなる、、、というルールを設けている「日本赤十字社」及び「厚生労働省」を取材したところ、とても多くの有益な情報を探し出すことができました。

 

まず、日本赤十字社では、プラセンタによって献血ができなくなるという取り決め以外にも、色んな理由で献血ができなくなるケースを紹介しています。

 

例えば・・・
「歯の治療をした後に献血をすることが可能なのか?」「どんな薬を飲んでいると献血が出来なくなるのか?」「どのような予防接種を受けると献血が出来なくなるのか?」等のケースです。

 

日本赤十字社の開示しているデータを調査してみると、こうした情報の中に「プラセンタ摂取と献血についての記載事項」もしっかりと含まれていて、このリンク先に、プラセンタを摂取することで献血ができなくなるケースが記載されていました。

 

厚生労働省の指示によって2005年10月10日から、ヒト由来のプラセンタ製剤を注射した場合には、厚生労働省から指示があるまでは当分の間献血をすることができない、という説明が記載されています。

 

日本赤十字の情報だけでも十分かも知れませんが、情報の発信元が厚生労働省ということなので、こちらの国の機関の直接発信していたプラセンタの情報も調べてみました。

 

すると・・・何故、ヒト由来のプラセンタ製剤を注射した場合には献血をすることができないようになっているのか?詳しく説明されていました。

 

ヤコブ病との関係

ヤコブ病という病気はご存知でしょうか?正確には変異型クロイツフェルトヤコブ病(vCJD)といいますが、以前に話題になった牛海綿状脳症(BSE)と関連のある病気です。

 

ここでは、その病気について詳しく説明はしませんが、この2つの病気に関しては内閣府の管轄している食品安全委員会で、ヤコブ病についてのレポートが出されていますので、参考にして下さい。

 

話をプラセンタに戻しますが、献血と変異型クロイツフェルトヤコブ病(vCJD)にどのような関係があるためにヒト由来プラセンタを注射すると献血ができないのでしょうか?

 

その理由は、ヒト由来ということになると病気の感染リスクが出てきますが、この変異型クロイツフェルトヤコブ病(vCJD)を献血の時に血液から検査する方法が確立していない為に血液の安全性が確保できないということです。

 

ただし厚生労働省の報告によると、これまでにプラセンタ注射剤によってvCJDが感染してしまったというケースはありませんが、やはり安全が確立していないうちは制限を加える方が良いということになっているようです。

 

今現在厚生労働省が認可を出しているヒト由来プラセンタ注射薬は2種類になります。「メルスモン」「ラエンネック」という製品です。

 

献血をする場合には、この厚生労働省からの指示によって上記の2種類の注射薬と使ったことのある人は、献血を遠慮してほしいという旨が問診表によって伝えられています。

 

この献血制限という事には多くの医師も賛同しており、やはり輸血に使っている血液の安全性のための行政処置であると各医療機関・クリニックでは説明されています。

 

ヒト由来プラセンタの注射薬については、一度でも注射しているなら当分の間(厚生労働省の指示が変更されるまで)献血はできないということになりますが、錠剤・サプリメント形態のプラセンタ製品についてはどうなっているでしょうか?

 

プラセンタ摂取でも献血ができるケース

厚生労働省の指示に適用されているのは、ヒト由来プラセンタの「注射薬」になっています。ですからプラセンタの内服薬については、飲んでいたとしても献血の制限対象にはならないようです。

 

これらのことを総合的に考えてみると、ヒト由来プラセンタであっても内服薬に関しては服用後であっても献血を行うことはできるということになるようです。

 

この点は日本赤十字社のHPでもはっきりと説明されていました。このHPを調べてみると献血制限措置が取られているのはヒト由来プラセンタ注射薬のみであって、サプリメント等の健康食品、化粧品、内服薬に関しては献血制限対象外になっていましたので、引き続き献血は行うことができます。

 

もちろん、内服薬やサプリ等に関しても引き続き厚生労働省の最新の指示に注意を払う必要があると思います。。。

プラセンタ摂取で生涯献血ができなくなるケース・献血ができるケース関連ページ

プラセンタの過剰摂取について
プラセンタを過剰摂取すると体内にどんな症状・副作用が現れるのか?または、過剰摂取した時に身体に現れるサイン等を詳細にまとめてみました。
プラセンタと併用してはいけない成分
プラセンタと併用すると危険な成分や、効果が半減してしまう恐れがある成分を記載しています。プラセンタを摂取する際、色々と注意点がありますので、是非当ページをご一読下さい。