プラセンタ 海洋性

 

海洋性プラセンタの安全性

海洋性プラセンタは、読んで字のごとく海から採取したプラセンタに類似した成分です。

 

プラセンタの正確な定義からは外れている存在ですが、海洋性プラセンタは、鮭の卵巣膜から採取したコラーゲンやアミノ酸成分の集合体の呼称です。

 

卵巣膜とは、筋子に見られる薄い膜であり、これを取り除くことによって魚卵が出てきます。

 

私たちが普段から口にしている鮭から採れる成分であるため、安全性も問題がないというイメージがあり、気兼ねなく使用することができます。

 

実際、海洋性プラセンタは、動物性プラセンタと比べても感染症や残留ホルモンの恐れがありません。

 

食用同様に、国産の鮭が原料として使用されているのであれば、トレーサビリティも行われていることが多く、産地がはっきりとしているため、さらに安心することができます。

 

また、海中を泳ぎ回っている鮭は、一か所に留まっていないため、海の汚染による影響を受けにくく、そこから採れる卵巣膜を原料としている海洋性プラセンタは安全性が高いと言えます。

 

海洋性プラセンタのデメリット

海洋性プラセンタには、メリットとデメリットが存在します。

 

デメリットとしては、まず、動物性プラセンタに含まれている有効成分が含まれていない点が挙げられます。

 

動物性プラセンタは胎盤を原料としているものですが、海洋性プラセンタはそうではありません。

 

魚は胎盤を有していないため、代わりに卵巣膜を使用しており、海洋性プラセンタはあくまでプラセンタと類似している成分であると言えます。

 

そのため、動物性プラセンタに含まれている「成長因子(グロスファクター)」が海洋性プラセンタには含有されていません。

 

成長因子は新陳代謝を活発化させる作用があるため、それを含まない海洋性プラセンタは、動物性プラセンタに比べてその分美容や健康に対する効果が薄くなると言われています。

 

同じようにプラセンタという名を持っていても、どうしても動物性プラセンタと全て同一の効果を得ることは難しくなっています。

 

馬や羊、豚のプラセンタと価格の違いもそこまでないため、海洋性プラセンタを使用しようと考えている場合には、そういった点をあらかじめ知っておくことが大切です。

 

海洋性プラセンタのメリット

逆に、海洋性プラセンタには動物性プラセンタにはない、美容に良い成分が豊富に含まれており、この点をメリットとして挙げられます。

 

成長因子は含まれていませんが、エラスチンや核酸が豊富に含まれているため、そこから美肌効果を得ることができます。

 

特に、エラスチンは、動物性プラセンタには含まれていない成分であり、コラーゲンに付着し、モチモチとした弾力と潤いのある肌に仕上げる効果が期待できます。

 

鮭は、生涯でただ一度だけしか卵を産むことがありません。

 

そのため、必然的に海洋性プラセンタの原料である卵巣膜は、一匹の鮭からは一生に一度のみしか採取することができません。

 

その貴重な卵巣膜には、エラスチンや核酸以外にも、人間の体内で合成することができない、必須アミノ酸を含む18種類ものアミノ酸、ビタミン類、コンドロイチン、コラーゲン等の成分が豊富に含まれています。

 

このように、海洋性プラセンタにはメリットとデメリットの両面があるため、自分の目的によって使用を検討するのが無難です。

 

安全性は保証されているため、自分にとって使用が適しているものであると判断できるのなら、問題はないと言えます。

海洋性プラセンタの効果・安全性・欠点等の特徴をまとめてみた関連ページ

ヒト
ヒトプラセンタの摂取方法・危険性・欠点等の特徴をまとめてみました。ヒトプラセンタについて多い疑問、献血ができなくなる、原料の収集方法等についても記載していますので、ヒトプラセンタについての専門知識を調べている方は是非参考にして下さい。
馬プラセンタの安全性や副作用、効果等をまとめてみました!各プラセンタ種類の中で、馬プラセンタについての専門知識を調べている方は、是非当ページをご参考に下さい。
豚プラセンタの効果や安全性、副作用、欠点などを細かくまとめてみました。このページでは、数あるプラセンタの種類の中で、豚プラセンタの特徴について記載しています。
羊プラセンタの特徴をまとめて記録したページです。羊プラセンタの効果や安全性、デメリットや主な生産地等、羊プラセンタの特徴について細かく記載しています。