プラセンタ 羊

 

羊プラセンタの安全性

羊には強靭な活力があり、病気に対する抵抗力も強いため、羊の蛋白質は人体に馴染み免疫反応を示しません。

 

羊プラセンタはニュージーランドやスイス等で生産されており、現地では羊を医療用動物として化学物質や抗生物質、薬剤を一切使用せずに飼育することもあります。

 

特にニュージーランドは狂牛病が発生しておらず、医療用動物は生育環境や餌、健康状態を細かく管理し一頭ごとにニュージーランド政府の認定書を発行しています。

 

羊はもともとプラセンタを採取するのに適していますが、さらにニュージーランドやスイスの広々とした環境で徹底された品質管理のもとストレスがかからないように飼育された羊からは安全性の高い良質なプラセンタを採取できます。

 

また、スイスの羊プラセンタはアメリカ食品医薬品局や諸国の機関で安全性が証明されています。

 

日本で現在販売されている羊プラセンタ商品はニュージーランドやスイスからの輸入品ですが、これらは日本へ輸入販売するにあたり厚生労働省から安全性の確認を受け許可を得た物です。

 

羊プラセンタを日本国内で抽出、製造するのは法律で禁じられていますが、羊プラセンタを利用した商品は日本の雑誌「CLASSY」や「美ST」等で紹介されており国内でも注目されています。

 

反芻動物である羊は、狂牛病と似た症状のスクレイビーという特有の病気にかかることがあり、その病原菌の保有は羊プラセンタの安全性について不安要素でもあります。

 

しかし、羊プラセンタサプリを経由しての病気感染事例は過去0件です。

 

羊プラセンタのデメリット

日本では2001年に厚生労働省が牛や羊等の反芻動物の胎盤を原料に使用することの禁止を報告しました。

 

国内での生産や加工が禁止されている羊プラセンタは、ニュージーランドやスイス等で加工されたプラセンタ商品を輸入するしか手にする方法はなく、輸入品であるため輸送料が加えられた価格での購入になります。

 

もともと希少性の高い羊プラセンタの価格は高く、さらに輸送料がかかるため高価であるのがデメリットです。

 

羊プラセンタのメリット

羊はアミノ酸構成が人間と非常に近く、羊プラセンタは人間の細胞と馴染みが良く免疫反応も示さないため人体への浸透性も優れています。

 

強靭な体力や生命力、免疫力を持ち活力と若さに満ちた羊の胎盤から採取されたプラセンタを取り入れることにより、若さや健康に溢れる体を維持できます。

 

また羊プラセンタには30種類以上のアミノ酸とプロテインが含まれており、肌に潤いを与え美しく整える効果に優れるためアンチエイジング効果も期待できます。

 

主な生産国

日本では羊プラセンタの生産は禁止されており、主な原産国はニュージーランドやスイス、オーストラリアです。

 

ニュージーランド

特にニュージーランドは政府が認定書を発行している程、羊の飼育や管理に優れています。

 

ニュージーランドの豊かで広大な土地は羊にストレスを与えることなく飼育でき、自然放牧で育てられ自然分娩した羊の胎盤は栄養価値も高いです。

 

また、狂牛病の発生しないニュージーランドで飼育された羊の胎盤から採取されたプラセンタは安全性にも優れています。

 

スイス

スイスで飼育された羊の胎盤から採取されたプラセンタもアメリカ食品医薬品局や諸国の期間から安全性の保証がされています。

羊プラセンタの効果や安全性等の特徴をまとめてみた関連ページ

ヒト
ヒトプラセンタの摂取方法・危険性・欠点等の特徴をまとめてみました。ヒトプラセンタについて多い疑問、献血ができなくなる、原料の収集方法等についても記載していますので、ヒトプラセンタについての専門知識を調べている方は是非参考にして下さい。
馬プラセンタの安全性や副作用、効果等をまとめてみました!各プラセンタ種類の中で、馬プラセンタについての専門知識を調べている方は、是非当ページをご参考に下さい。
豚プラセンタの効果や安全性、副作用、欠点などを細かくまとめてみました。このページでは、数あるプラセンタの種類の中で、豚プラセンタの特徴について記載しています。
海洋性
海洋性プラセンタの効果や安全性、欠点等の特徴を詳細に調べてまとめてみました!