プラセンタ 豚

 

豚プラセンタの安全性

ぶつぶつ

豚由来に限らず、馬、羊、植物、海洋性、全ての種類のプラセンタ製剤で、これまで大きな健康被害(dna関連の病気や奇形児の出産等)の報告は、日本プラセンタ協会を初めとした公共機関には寄せられていません。

 

ですが、豚プラセンタに関しては、めまいや頭痛、湿疹等の軽度の副作用は、多数寄せられているようです。また、実際にはなが豚由来のプラセンタ製剤を飲み始めてからそういった副作用も経験しました。(詳細はオーガランドプラセンタの体験レビューページへ)

 

でも、こういった軽い副作用の症状は、プラセンタの由来となるものに対してのアレルギー反応や、効果が現れる前の一時的な副作用(瞑眩反応)と考えられていて、いくつかのプラセンタ関連機関が研究を進めているところです。

 

ただ、プラセンタの原料となる豚は、自然牧畜されている馬や羊とは違い、何十頭もの豚を集団で豚舎で飼育しているため、感染症を初めとした病気にかかりやすい傾向があるようです。。。そのため、豚の飼育段階で、 ワクチンや抗原剤を使用せざるを得ない現状となっていて、その薬物類が、プラセンタとして製品化したときに、どうしても副作用として現れやすいとのこと。

 

なので、はな個人的な意見としては、豚プラセンタの効果やコスト的な問題以前に、豚プラセンタは副作用が現れやすい!というのが最大のネックかな思っています。。。

 

でも、少数単位で飼育、管理に重点を置き、ウイルスや抗原剤を一切使用していない健全な豚もいて、そういった健康面に優れた豚を、業界ではSPF豚と呼ばれています。

 

そのSPF豚が由来となっているプラセンタは、具体的にあげると以下のような商品です。
⇒わたしのプラセンタ
⇒プラセンタPG

 

SPF豚プラセンタの特徴

SPFプラセンタの特徴を細かく説明すると、とてもこのページ内には入りきらないので、リスト形式でポイントだけをまとめてみました。

安全性に徹底した飼育方法
農場はフェンスで囲まれ、外部からは完全に遮断し、農場内への持ち込み物には消毒をかけ、更に、従業員は作業前に必ず入浴で身体を清潔にし、勤務に取り掛かります。
コストが高い
単純に、病気を防ぐためにワクチンを打つだけ、エサを与えるだけ・・・といった単純に飼育されている豚よりも、SPF豚は費用が掛かります。
SPF豚の認定ロゴマークあり

SPF豚プラセンタのロゴマークです

日本SPF豚協会という非営利団体が、「SPF豚農場認定制度」というシステムを設け、その基準に認定された農場にロゴマークを貼ることが認められています。ちなみに、プラセンタ製剤公式サイトと認定農場は別になりますので、SPF豚プラセンタを原料としているメーカーの公式サイトで、このロゴマークが表示されることはありません。

 

 

SPF豚プラセンタを使用しない販売メーカーの本当の意図

豚由来のプラセンタを減量としているメーカーはとても多くいますが、ただ、高品質で安全なSPF豚を減量とせず、一般的に飼育された豚を減量とするメーカーも多数います。

 

こういったSPF豚プラセンタを使用していないメーカーの方針として確実に言えることは、安全性や有効成分の残存量を無視してまでも、コスト削減しようとするのが目的です。SPF豚と普通の豚は、それぞれに違ったメリットやデメリットがあるわけではなく、安全性、効果共にSPFが優れており、このふたつは完全に上下関係にあるからです。

 

つまり、クオリティーの良いプラセンタにこだわっているのなら、SPFではなく普通の豚プラセンタを原料にする理由が無いわけです。。。こういった裏事情から、SPF豚を原料とせず、普通の豚を減量としている商品メーカーは、安全性を無視し、コスト削減に重点を置いている、ということが明確になるか思います。

豚プラセンタの効果や安全性、欠点をまとめてみた関連ページ

ヒト
ヒトプラセンタの摂取方法・危険性・欠点等の特徴をまとめてみました。ヒトプラセンタについて多い疑問、献血ができなくなる、原料の収集方法等についても記載していますので、ヒトプラセンタについての専門知識を調べている方は是非参考にして下さい。
馬プラセンタの安全性や副作用、効果等をまとめてみました!各プラセンタ種類の中で、馬プラセンタについての専門知識を調べている方は、是非当ページをご参考に下さい。
海洋性
海洋性プラセンタの効果や安全性、欠点等の特徴を詳細に調べてまとめてみました!
羊プラセンタの特徴をまとめて記録したページです。羊プラセンタの効果や安全性、デメリットや主な生産地等、羊プラセンタの特徴について細かく記載しています。