プラセンタ 種類

 

プラセンタの種類を全て調べて比較してみた

プラセンタ製品は、動物性、植物性、海洋性・・・等、約6つの種類で製造されていますが、これらの種類によって、もちろん、有効成分の含有量や効能、価格、そして、メリットやデメリットも様々です。

 

これらプラセンタの種類についてあまり知識が無い人にとっては、各種類のプラセンタがどんな特徴を持っているのか?気になるところだと思います。

 

そこで、このページでは、ヒト、馬、豚、羊、海洋性、植物性・・・等、プラセンタ製品の由来となる全ての種類の特徴を調べて比較してみました!

プラセンタの種類を全て調べて比較してみたエントリー一覧

ヒトプラセンタの摂取方法・危険性・欠点等の特徴をまとめてみた

ヒトプラセンタの原料の収集方法・抽出方法ヒトプラセンタ製造メーカーとしてトップを占めるのは、ラインネック(株式会社日本生物製剤)とメルスモンという2つの企業になりますが、この2社がプラセンタエキスを抽出している方法をご説明します。まず、ヒトプラセンタ・胎盤の収集方法ですが、医療機関とヒトプラセンタ製...

続きを読む

馬プラセンタの安全性・副作用・その他特徴をまとめてみた

馬プラセンタの安全性・副作用・その他特徴をまとめてみた色々とあるプラセンタの種類の中で、良く、馬由来のプラセンタが良質、という話は良く耳にすることだと思います。臓器が大きくて栄養化が高い、体温が高いから寄生虫が少ない、食糧は無農薬の草類だから安心、等々・・・。また、メリットだけでなく、馬プラセンタの...

続きを読む

豚プラセンタの効果や安全性、欠点をまとめてみた

豚プラセンタの安全性豚由来に限らず、馬、羊、植物、海洋性、全ての種類のプラセンタ製剤で、これまで大きな健康被害(dna関連の病気や奇形児の出産等)の報告は、日本プラセンタ協会を初めとした公共機関には寄せられていません。ですが、豚プラセンタに関しては、めまいや頭痛、湿疹等の軽度の副作用は、多数寄せられ...

続きを読む

海洋性プラセンタの効果・安全性・欠点等の特徴をまとめてみた

海洋性プラセンタの安全性海洋性プラセンタは、読んで字のごとく海から採取したプラセンタに類似した成分です。プラセンタの正確な定義からは外れている存在ですが、海洋性プラセンタは、鮭の卵巣膜から採取したコラーゲンやアミノ酸成分の集合体の呼称です。卵巣膜とは、筋子に見られる薄い膜であり、これを取り除くことに...

続きを読む

羊プラセンタの効果や安全性等の特徴をまとめてみた

羊プラセンタの安全性羊には強靭な活力があり、病気に対する抵抗力も強いため、羊の蛋白質は人体に馴染み免疫反応を示しません。羊プラセンタはニュージーランドやスイス等で生産されており、現地では羊を医療用動物として化学物質や抗生物質、薬剤を一切使用せずに飼育することもあります。特にニュージーランドは狂牛病が...

続きを読む