プラセンタと相性が良い成分

 

プラセンタと相性が良い成分を一覧にまとめてみた

プラセンタをせっかく摂取するのでしたら、プラセンタと相性が良い成分も一緒に摂って、よりプラセンタの効果を引き出したい、吸収率を高めたい、と思われるのが当然だと思いますが・・・

 

でも、具体的にどんな成分がプラセンタと相性が良いのか?吸収率を高めてくれるのか?不明な点も多いかと思います。

 

そこでこのページでは、2年間に渡りプラセンタを摂取し続けてきたサイト管理人のはなが、具体的に「プラセンタと相性が良い成分」を一覧にしてみました!

 

何故、その成分がプラセンタと相性が良いのか?メカニズム的な内容も記載していますので、是非参考にして下さい。

 

プラセンタは繊維芽細胞から作り出される有効成分と相性が良い

肌に必要な成分であるヒアルロン酸やコラーゲンは繊維芽細胞から作られますが、プラセンタには、この繊維芽細胞を活性化させる作用があります。

 

プラセンタが線維芽細胞を促進させるというデータです

※ちなみに、プラセンタが本当にこの繊維芽細胞を活性化させる作用があるかどうか?という裏付けは実在していて、50年以上もの期間を研究に費やしている大手プラセンタメーカー「スノーデン」が実証しています。

 

⇒スノーデンが発表しているプラセンタの線維芽細胞促進効果

 

なので、プラセンタが線維芽細胞を活性化することについては、ほぼ100%証明されていると思ってもらって良いです。

 

そして、数多くある美容成分の中で、その線維芽細胞から作り出される「コラーゲン」、「ヒアルロン酸」、「エラスチン」。この3つの成分は、特にプラセンタと相性が良いと言われています。ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチン等の美容成分は、プラセンタとどちらが効果を発揮するのか、比較したがる方も数多くいると思いますが、実は同時に摂取することで、より高い美容効果を期待できます。

 

これらの有効成分はどんな食材から摂取できるのか?そして、どのような美容効果を持っているのか?はなが以下の表に分かりやすくまとめてみました。

 

相性が良い成分

美容への作用

主な食材

コラーゲン

水分の保持、乾燥防止、肌にツヤやハリを与える等の効果があり、潤いのある瑞々しい肌を作り上げます。

豚肉、鶏の皮、フカヒレ、うなぎ、ゼリー等

ヒアルロン酸

水分の保持、活性酸素の除去、老化防止等の効果があり若々しい肌へと繋げてくれます。

動物の骨・軟骨、フカヒレ、魚の目玉、豚足等

エラスチン

肌にあるコラーゲン同士を繋げる効果があり、美肌を維持する作用があります。

牛すじ、手羽先、カツオの動脈球、動物の骨・軟骨等

プラセンタと相性が良い成分 - プラセンタの効果を最大限に引き出す!関連ページ

プラセンタを飲む時間帯
プラセンタを飲むベストな時間帯・タイミングを、科学的なメカニズムもご一緒にご説明しています。効率的にプラセンタを摂取するために大切なことですので、是非ご一読下さい。
プラセンタの1日当たりの摂取量
プラセンタの1日当たりの適正摂取量について記載しています。また、適正摂取量以外にも、過剰摂取するとどうなるのか?少なすぎるとどうなるのか?という疑問点についても記載していますので、プラセンタの摂取量について情報収集している方は是非参考にして下さい。